読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りある日記

しょーもない個人思想を垂れ流すブログです

「高校生男子に絆される社会人女性」の官能小説に共感できるようになっていた



タイトルのまんまです。 


 今回読んでときめいた小説は、20代後半の社会人女性にぴっちぴちの17歳男子高校生(なのにクールで大人っぽくテクもばっちり☆)が無理やり迫ってあーだこーだあって結局絆されて両思いに!というお話。

 今まで読んでいた官能小説は主人公は女子高生や20歳前後、お相手の男性は同い年か30歳くらいまでと決まっていたのに…
自分はもう20を超えているのに今更高校生にときめいて、しかも現実の高校生も確かにいいな…とか思ってしまうようになっただなんて…。
 歳をとったんだなぁとこんな場面で痛感することになるとは…。



 そもそも私は今まで生きてきた中で同い年としか付き合ったことがないんですよね。
上も下もなし。

 まぁちゃんと仲良くならないと好きになれないっていうのもあります。
でも思い返してみるとそういえば、中学生の時に入っていた陸上部の一つ下の後輩には少し好意を持っていたような!


 昔話になりますが…
当時陸上部で同い年の彼氏がオンラインゲームのメイプルストーリーにハマっていまして、誘われて一緒にやることになったんですよね。
 そこで彼氏が親しくしていた同じ陸上部の後輩の男の子とも一緒にゲームをするようになったのですが、
仲良くなった頃その子が私に課金アイテムの赤いほっぺ(キャラクターに装着すると顔が可愛くなる)をプレゼントしてくれたんですよね!

 年下の男の子からの突然のプレゼントに思わず私はときめいてしまって……
まぁ彼氏もいましたしすぐゲームに飽きて3ヶ月ほどでその小さな小さな恋も終わりを迎えましたが。

 ってこれで昔話は終わりですけど。
しょーもない(笑)


 ただこうやって思い出してみると、私は「歳下ゆえの」男の子の可愛さは昔から知っていたんですねぇ。
しばらく忘れていました。


 まぁ思い出せたこの官能小説を機に、大人になったからこそのストライクゾーンの広がりを楽しみたいですね。
もちろん現実の男子高校生に手を出したらアウトですが…。



 え? なんでそんな官能小説読んでたかって、普通にみんな生きてたら官能小説読むでしょ。普通でしょ官能小説。面白いよね官能小説。



 官能小説のステマでした。





ホリエモンの発言と大麻合法化について


 本ブログ一発目ですが、Twitterの鍵垢で長々と呟いた大麻についての文章をちょっと訂正しつつ投稿したいと思います。

以下Twitterの引用、句読点があったりなかったりするのはそのままにしています。
書いた時の勢いのままにしたいので。






私は絶対大麻合法化は反対だしホリエモンのことは本当に嫌い

ある事柄をおおっぴらに禁止することでその事柄自体が知れ渡り結局ユーザーが増え社会的にマイナスに働くという現象、あると思います。

漫画鈴木先生でこういう話があったと思うんだけど、
学校で避妊しましょう!って教えることにより今までセックスを知らなかった子どもが新しい知識を得て好奇心で行ってしまうという現象

本能でセックスしてしまう(もちろん避妊なし)子どもより、勉強したことで知識を得てセックスしてしまう子どもの方が多いから、コンドーム着用を訴えるためとはいえセックスという行為を知らしめない方が良いのではないかという考え

好奇心でするような子どもは避妊の必要性を教えられてもゴムしなかったり、買えないからまぁいいかと思って生でしちゃったり。
避妊を教えるにも方法や年齢を議論する必要があるんだろうね(まぁ今はネットで幼い頃からいくらでも知識がついちゃうけど)

それと同じような現象はたくさんあると思うんだよ
悪いことをこれはやめようねってテレビで流すことで、「ふーんそういうのもあるんだ」って真似しちゃう人間は一定数いると思う



そこでホリエモン大麻への発言について。

ホリエモンTwitterで『日本でも(大麻)合法化しないかなぁ。。』や、テレビ番組では『アメリカでは大麻解禁(一部の州)している。大麻ベンチャーなんてのも進んでいるのに日本は置いて行かれる』などと発言しているのを見かけた。

ホリエモンのテレビでの大麻への発言、合否がもっと議論されてもいいっていう意見はわかるけど、「その議論の段階」で「子どもも見られるテレビ番組」で「有名人が少しでも肯定的な発言をする」ってことが駄目だと思う。そんなに悪いことじゃないんだな〜と思ってしまう子どもが絶対にいる。

その記憶が例えば大麻の売人などと対峙した時にマイナスに働く。絶対的な悪だと教え込まれていないと心の隙に付け込まれるんだよ。
ホリエモンはそんなこと考えずガーガー言うし番組的には楽しく、過激派な人間にはそれが面白いのかもしれないけど絶対に正しいことだとは思わない。

あってもなくてもいい嗜好品で子どもの将来を傷つける可能性を生み出す必要があるとは思えない。合法化されたらまぁ捕まることはなくなるしまた違うんだろうけどさ。


まぁ普通に大麻反対なんですけど。大体煙草も反対だし私的には別にアルコールもなくなってもそんな困らない。
依存性ないし煙草アルコールの方が身体的な害があるっていうけど、煙草は大麻みたいに頭をぼやけさせたりしないし、アルコールみたいにガブガブ飲まずに酔えちゃうのも怖い。

医療用についてはわからないけど、多くの医者が別に良い薬は他にもたくさんあるって言ってるみたいだし
ただ嗜好品として楽しみたい奴が医療を隠れ蓑にして合法化を推してるのも腹が立つ。大体本当に大麻以上に良い薬がないならもう実用されてるんじゃないの?とも思う


てか大麻あったら私絶対やるし落ち込んだ時に吸ってそのまま衝動的に自殺する想像がばりばりできる。
だから反対なんだよ!危ないよ!一億総メンヘラ時代だよ!日本人なんて大麻に逃げて逃げて現実では追い込まれて自殺する人が絶対増える!私アルコールもっといけてたら依存症になってた自信あるもん!


大麻覚せい剤と違ってダウナーになるらしい。ぽわぁ〜ってするんだって。だから危険性も少ないし身体に害もないって言われてるみたいだけど精神的な害は酷いと思う。弱い人間はみんなハマっちゃうだろうし強い人間は絶対に大麻を入り口にしてもっと強い薬物にハマる。

カジノに反対してるのと同じ理由、人間は本当に本当に弱いから心の隙をつくような嗜好品は駄目なんだって
上の人間にはそれがわからんのです。







というお話でした。

実際今後はどうなっていくんでしょうね、大麻論争。
上にも書いた通りもし合法化されたら私は多分ハマっちゃいますので、されないことを願っているのですが。


読んでくださった方ありがとうございます。

その場で考えながら書いてますのでまた後日考えてみたら全然意見違った、とかもあるかもしれませんが……。

これからもこういう個人思想を垂れ流していくブログを書いていきたいと思います。


それでは!